福よせ雛プロジェクトの目的

奈良県福よせ実行委員会は日本文化に対する正しい知識を、お雛様を通じ表現し子供達には「雛育」を推進し地域住民の方々には「コミニティー」の場として又は観光客の方々には福よせ雛で日本文化に対する正しい知識を体験して頂きながらお雛様が案内する「観光ガイド」や「イベント案内」をして頂き見て楽しんでいただく事で「笑顔」のお手伝いが出来ればと思っております。
また少子化や住宅事情により中々お雛様を飾る機会が少なくなってまいりました。減少するお雛様文化を身近で体験して頂ければと思っております。
奈良福よせ雛巡りの目的1
また処分しなければならない事情を抱えられた持ち主様も心が痛みます。捨てたくて捨てるのではありません。子どもの誕生を祝って買ってくださった両親やおばあ様たちの顔が浮かびます。そんな事情をお持ちの持ち主様の心に寄り添い、そして大事にされていたお雛様たちを奈良の地でお預かりさせていただくことでお雛様に第二の人生を歩んで頂ければと思っています。
奈良県福よせ雛の名前の由来通り「福を寄せる」お雛様を見て笑ってホットして頂ける「笑う門には福来たる」を表現したお雛様たちが沢山登場します。
当会は文化を継承しながらも当会が推進するお雛様は「見て楽しい」をキーワードとし日本特有の文化をまもりつつ地域の子供達に「雛育」を推進しながら地域の方々に笑顔をお届けし観光関連には経済効果のお役に立てればと思っています。
奈良福よせ雛巡りの

開催目的

  1. 「伝統文化教育・継承・普及事業」
  2. 「地域活性事業」
  3. 「観光関連活性事業」
  4. 「障害者支援事業」